夫婦仲 夫婦喧嘩 子育て

夫婦仲が悪いことで子供はこんなに悪影響が出てしまう

更新日:

子供は自分の親しか知りません

その夫婦仲がそのまま「親」

としての知識やイメージになっていくのです

夫婦仲が悪いと子供に影響が出る

子供は親を見ています。
親が思う以上に子供は敏感です。

親が夫婦として冷えている場合、
子供は精神的にかなりのストレスと
ダメージを負うと言われています。

夫婦仲が悪いと子供に影響が出る

夫婦仲が悪いと子供にこんな
影響が出てしまいます。

1.うつや精神状態が安定しない

家庭になかに険悪な空気があると、大人が表面上取り繕っても
子供は敏感にそれを察知します。なんとなくよそよそしい、
会話が不自然、目をあわせない、など、大人なら気にならない
ことでも子供は感じるんですね。

察知した子供は、原因を聞きたくても
聞けない状態となります。そして自分で悩むんですね。
自分のせいで親が仲が悪いのかな?とかお金がないのかな?
など、自分の想像力の限り色々考えていきます。
特に金銭的に自立できない子供は、
家族が分裂してしまうと自分の今後を自分で決められない
(どちらかについて行かないといけない。
親のどちらかを傷つける。お金はパパだけど、
一緒にいたいのはママ、など)

で常に葛藤している状態となります。

その結果、気持ちが安定することがなくなり
不安定な状態になります。

成長期の子供にとって、これは危機的状況です。
精神形成に親のサポートが一番大事な時期に、
親のサポートを受けられない
どころか、逆に親が原因で精神に負の影響がある。
怖いことですね。

スポンサードリンク



 

2.学力が低下する

夫婦仲が悪いことで、常に親のことや
今後の生活を心配するあまり、
学校の生活や授業に集中できなくなる可能性があります。

日々の積み重ねが必要な数学や英語といった学習で、
集中できないがために
躓くとそれが雪だるま式に増え、
わからないことがわからないといった
ことになっていくと、
取り返せないほど学力が低下する場合があります。

夫婦仲が悪いと子供に影響が出る

スポンサードリンク



3.異性や結婚に興味がなくなる

親の仲が悪い状況を普段の生活で見ているわけですから、
「僕は(私は)こうなりたくない」
という気持ちを強く持ちます。

その結果、異性への恋愛感情や結婚に対して
興味がなくなり、嫌悪する場合もあります。

異性が自分を助けてくれる相手という
認識がなくなるんですね。
一番近い親がいがみ合っていれば、
そういう感情になるのも

当たり前といえるでしょう。

4.自己肯定感が減少する

親の仲が良いほど、子供は
「ここにいてもいいんだ」
「親のようになりたい」と

思って生活でき、自分に自信が持てるようになります。
親の仲が悪い場合、原因が
子供に伝わることはまずありません。

なんとなくよそよそしい、といった雰囲気は
自分の居場所がないことと同じになり、
子供の自我を育てることを阻害します。
その結果、自尊意識がなくなり

「自分なんかいなくてもいいんだ」と
思うようになります。

5.自立性のない子供になる

夫婦仲が悪いとその反動で子供に対する愛情が集中し、
ゆがんだものになる場合があります。

子供の言うなりになることも多く、
過干渉状態となって子供の自立を阻害してしまいます。
その結果精神的に幼い子供になってしまう可能性があります。

古い言葉ですが親は子供の鏡ということもあります。
親の仲が悪い、喧嘩してるということを見て育つ
子供に悪い影響が出ないはずがないんです。

この事実を簡単に考えてる夫婦が多いようですが
子供の頃「心」に与えた影響はかなり大きく
残るとされています。

大切な子供に悪い影響を与えるような

シュチュエーションは見せないようにしましょう。

夫婦喧嘩 しないという事 夫婦喧嘩はした方が良い?悪い?

夫婦仲が子供に与える影響

夫婦仲 悪い 子供 将来

夫婦喧嘩 子供 影響

夫婦喧嘩 頻度 2か月に1回くらいの夫婦喧嘩をするけど離婚?

スポンサードリンク





-夫婦仲, 夫婦喧嘩, 子育て
-, , , , ,

Copyright© What is a couple , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.